忍者ブログ
お見合いをじょうずに断るにはどうしたらいいか、を考えてみました

2017

0923
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0606

お見合いの断り方は、難しい。

断るのが早すぎでもなんだし、遅すぎると「お付き合いする」ことになっちゃうし。

いろいろタイミングがむずかしい。

私の場合は、相手が母親の友人の息子さんだったので、すぐに断るわけにもいかず。

もちろん母親からは、「その気がないなら、早く断りなさい」といわれたけど、なんか悪くてね。

悪い人ではなかったけど、私の趣味ではなかったのよ。

それでも半年ほど、ときどきご飯食べたりしたけど、結局はお断りしました。
もっと早く言えばよかった、と案の定後悔しましたが。

相手を傷つけることなく、やんわりと断る言い方を考えてみました。

1 相手に直接ではなく、必ず間に入った人にお断りを入れる。

2 断る理由をあからさまに言わないこと。必要もなく相手を傷つけるのはちょっとね。

3 でもはっきり、「このお話はお断りさせていただきます」と言ったほうが、誤解を招かないでしょう。

間に入った人(仲人さんとか)に言いにくかったら、手紙というのはどうでしょうか?


 


 


PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新TB
お見合い実績だけは自慢
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP